甘い審査の消費者金融会社はあるのかについて

Published by admin

かつては、甘い審査の消費者金融会社は沢山存在したことは確かです。しかし、そういった甘い審査がヤミ金といった社会問題を引き起こすきっかけになったこともあり、現在では法律を厳正にしている点があります。その方法としては、貸金業者側の営業を営む上での規制の強化、それと伴って容易に消費者金融からお金を借りること自体が出来なくして借り手側にとって借り難い制度にした点があります。

ヤミ金では、借り手側の信用状態にも関わらずお金を貸し付け、しかも金利もトイチといった具合に高金利を設定することも多くありました。そして、一度借り易いからといって、そういったヤミ金に手を出すと雪だるま式に債務が増加する事となり、また取立てで脅迫するといったことも日常茶飯事でした。そういったヤミ金では、当然甘い審査であることが売りで借り易いことから、ブラックリストに載っている人や自己破産者、大手では借りる事が出来ない人が利用したことも事実です。

現在では、貸金業法の改正によって、貸金業者側の事業を営む上での規制の強化や業者になるための要件も厳格化されました。また消費者金融会社であれば、貸金業法の適用を受ける形になり、当然総量規制の適用まで消費者金融会社が受ける事となり、もしそれに違反した場合には厳しい行政処分を受けます。そのためその法律を根本とした審査体制を取ることが前提になっています。総量規制では、年収の3分の1までしか借りる事が出来なくなり、基本的にお金を借りる上では借り手側が個人であれば収入証明書の添付を義務付けられました。

これにより、ほぼ大手の消費者金融会社では審査体制も一律的となり、甘い審査の消費者金融会社は無いのが現実かもしれません。ただ大手でも中小の消費者金融会社でも10万円程度の少額融資を行なうサービスを展開する場合もありますので、そういった場合には比較的に甘い審査でお金を借りられる場合もあります。つまり、収入を証する書面が必要なく、運転免許証という住所証明書だけでお金を借りる事が出来ることです。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>