ブラックでも借りられるサラ金はあるのかについて

Published by admin

世間では、裁判所による自己破産手続きが行われると個人情報信用機関にその名前を押えられてしまい、ブラックリストに載ると言われます。このブラックリストに一度載れば、その原因となった金融会社についてはほぼ永久的に、その他の金融会社でも10年ほどはサラ金やクレジット会社でお金を借りる事が出来なくなります。現在では、大手の消費者金融会社であれば、大抵はブラックリストに載っている人なら年収が高額であっても、会社に勤務していても審査の時点で断られ、お金を借りる事が出来ないことは確かです。もしブラックでも借りられるサラ金会社があるとしたら、大手はほぼ絶滅で中小での少額融資なら利用することが出来ることがあるぐらいです。

大手の場合においては、そういった過去の金融事故をナイーブに扱う傾向があります。一度でもそういった過去に滞納といった金融事故があったことが判明すれば、審査に通ることはないと言われています。大手の消費者金融は貸付によるリスクを重く捉えているためです。ただネット上でもブラックでも借りる事が出来たといった口コミを見ることがありますが、そのサラ金会社は、ほとんど中小のサラ金会社に限定されます。しかも借りられた金額についても10万円までの金額で少額融資に限定されると言えます。そして、ネット上でもブラックでも大手の消費者金融会社で借りることが出来たといった口コミはほとんど見かけることはありません。この大手の消費者金融会社とは、アコムやプロミス、レイク、アイフルといったメジャーな消費者金融会社のことです。

それでも過去20年前にブラックリストに載った過去があっても、現在は大手の消費者金融会社に借りることが出来たといった情報は耳にします。つまり、そういった個人のブラックリストの情報は時効があり、10年の歳月が過ぎると自動的にブラックリストを抹消されると解釈しても良いです。よって、大手の消費者金融会社にお金を借りたい人は、ブラックリストに載っていないこと、そして会社に勤務していてまとまった年収を得ていることが証明される人です。やはり、ブラックリストに載れば、借りられる消費者金融会社もありますが、かなり限定されてしまうことは間違いありません。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>