消費者金融利用で助かった体験

Published by admin under 消費者金融を実体験

私は就職して地元を離れて県外に住む事になりました。
両親のもとを離れての一人暮らしは不安でいっぱいな上に、就職したという事で、両親から仕送りされるという事もなく、自分自身のお給料で生活をしなければならず、一人暮らしをした経験もいままでになかった私にとって、経済観念がなく、一人暮らしになれるまでには月のお給料では足りないという事がよくあったものです。
そういった際にはやむ追えず消費者金融で借入をして、月々の生活を補ったものでした。
消費者金融と言えば、借金地獄というイメージがあった私には、消費者金融でお金を借入するという事がとても最初は怖く、生活の為とは言え、借入をしてしまった際には恐ろしさと不安で眠れない事がありました。
しかし、逆に利用した事で、消費者金融はとても簡単な審査でお金を借りる事ができるという事がわかりとても便利に利用する事ができるのだと知りました。
返済は翌月の給料で支払う為に、支払が滞るという事がありませんでしたが、それでも毎月、消費者金融で借入しては翌月返済するという生活が続きました。
そういう生活をしながらも、一人暮らしに徐々に慣れていき、月々のお給料の範囲内で生活ができるようになったのでした。
両親に、生活が辛い時は消費者金融で借入をした事があると話した時には大変驚かれ、心配されましたが、どのようにして返済しているかなどを説明すると、消費者金融は使い方によっては便利なものなのだという事を理解してもらう事ができました。
支払の際も、コンビニなどで支払ったりATMで支払ったりする事ができる為に、小h氏や金融に出向く事なく、周りの目を気にするという事もありませんでした。
今思うと、本当に消費者金融には生活を助けられたと思います。
消費者金融とは怖いところだというイメージがある方も多いかと思いますが、今や消費者金融は返済計画さえ立てられ、支払が滞らない限り決して怖いものではないという事を知って欲しいと思います。