個人金融の需要の掘り起こしについて

Published by admin

消費者金融会社は、日本においては内需系の会社として認識されていることもあり、株式の世界でも株式上場しているアコムやアイフル等は内需株として捉えられている印象があります。つまり、輸出や輸入に頼らない企業であり、国内を地盤とした企業であると言うことです。最近の経済状況においては、政府や日銀の金融政策によって、その影響を直に受ける形として注目されている業界の一つです。その理由については、銀行にお金を潤沢に渡して資金を豊富にして、それを必要とされる企業や個人に貸付を行いやすくして、それによって日本経済自体を活性化させようとする動きがあるからです。

また以前の消費者金融会社が、ヤミ金から始まり、過払い問題といった社会問題を引き起こしてきた関係もあることから、大きく業界再編が進んだのも事実です。また貸金業法や利息制限法の法律による規制の強化もあり、そのため営業が出来ずに業界における淘汰が進んだことも確かです。よって、独立系の消費者金融会社が少なくなり、銀行と連携や銀行の子会社になった消費者金融会社も多くなりました。そして、最近の金融緩和によってもその影響を受けやすいのが消費者金融業界である訳です。

消費者金融業界においては、個人のプライベートファイナンスの強化はありますが、海外にそういった技法を植え付ける動きも加速しています。ただ海外においては、リスクが強い印象もある反面、日本国内にはない巨大な市場が開かれています。よって、将来は海外における事業展開を視野に入れた動きが加速する見込みで、大手の消費者金融会社の「アコム」においては東京三菱UFJ銀行とのタイアップによって、東アジアに進出の機会を探っているのが現状です。

なおプロミスにおいては、三井住友グループに再編されたことによって、プロミス自体の会社はなくなりましたが、これについても三井住友グループのネームバリューでプロミスブランドを利用して事業展開を図ると言う新た戦略を打ち出していると見て良いでしょう。今まで個人を相手にしなかった銀行が、消費者金融のブランドを利用することでプライベートファイナンスの事業に進出したいという意図が読み取れます。利用者としては、消費者金融会社を選択する上ではバックのどの銀行を選択するかということと繋がり、わかり易く利用しやすくなる可能性があります。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>